カカオの方が好みの相手が見つかる

日常生活の中で出会いを求めるよりも、カカオの中で出会いを求める方が、自分の好みの相手を見つける事が可能です。なぜかというと、選べる対象が圧倒的にカカオの方が多いためです。

日常生活の中で異性と出会う数は人によって大きく異なります。ですが、極端な例だと男性ばかりの職場で女性は事務の5人だけという職場があったとしましょう。

職場恋愛をしようと思ったら5人の中から相手を選ばないと行けない訳です。しかも5人全員がフリーとは限りません。1人は既婚者で、1人は恋人がいるという場合、3人の中から選ぶ事になります。その3人の中に好みのタイプがいないという可能性はかなり高いですよね。

あまりに選択肢が少なすぎると言えるでしょう。ですがそんな日常の人だって、カカオには何十万人もの人が登録しています。しかも全員出会いを求めて利用している訳です。

目的がセフレや不倫の場合は、フリーではありませんが、恋人や婚活目的の場合は相手もフリーのはずです。これだけたくさんの人の中から自分の好みの相手を選ぼうと思えば、好みの相手がいる可能性の方が高いと言えます。